想いをかたちに・・・
Can Planning

<合同会社 キャンプランニング>

国立オフィス :東京都国立市谷保3035-1-102
立川アネックス:東京都立川市幸町5-73-28

営業時間:09:00~19:00(土・日・祝祭日 OK)
<ワクワク住宅リフォーム・繁盛店舗デザイン>

無料相談実施中
お気軽にお問合せください

屋根リフォーム・修理工事のタイミング

 

 屋根は家を紫外線や酸性雨などの過酷な環境から守ってくれる大切なもので、素材によって耐用年数、メンテナンス方法が違います。 

 まずは建物をあと何年もたそうと考えるかが大切です。

 いいタイミングで最適な屋根リフォームをして、大切な家をより永くもたせてあげてください。

*立地条件などにより耐用年数は異なりますのでおおよその目安とお考えください。

* 尚、屋根の痛み方・内容により火災保険を適用することでお客さまに負担がかからずに修繕出来るケースが多々あります。

 保険利用も含め、弊社では常にお客様目線でアドバイスを致します。

瓦屋根

<釉薬瓦・燻瓦>

 耐用年数は種類によって差はありますが、概ね50年前後です。但しこれは瓦そのものの耐用年数ではなく、その下に敷かれているルーフィングの寿命が大きく影響します。

 瓦から金属(ガルバリウムなど)・スレート等に葺きかえる(カバー工法含む)理由は近年は屋根の軽量化が主な目的です。

 阪神・淡路大震災後の耐震基準が出来る以前の家屋において耐震補強をせず、瓦の荷重を減らすことで耐震性を強くするケースが多くなっています。

 近い将来、建物の耐震化の計画がある場合、あるいは桟瓦の割れ、棟瓦の番線切れ、漆喰の抜け落ちなどの症状があればメンテナンスのタイミングです。

<セメント瓦>

 耐用年数は概ね20年。

 塗膜が薄れ、地のセメント色が目立ってきたらメンテナンスのタイミングです。

 葺き替えずに塗装することで寿命を延ばすケースもあります。

 

 

スレート屋根

 「コロニアル」ともいうこの屋根材の耐用年数は、概ね20~25年ですが、長くもたせるために塗装を施すことをお勧めします。

 但し、自然にミルフィーユ状に裂けていく症状や粘度不足でメンテナンスで人が乗った際に割れてしまうなどクレームになっているメーカーの不良品も一部出回っているので要注意です。

 

 最初の塗装のタイミングは築10年前後

 表面の塗膜が薄れ、地のセメント色が目立ってきた、苔が付着して茶色くなってきたらメンテナンスのタイミングです。

 築10年前後経つと棟板金の留めクギがゆるんで抜け落ち始める時期でもあります。

 放っておくと、強い横風にあおられて板金がめくれたり飛んでしまう危険がありますので、メンテナンスの際は必ずクギ締めも必要です。

 

 また、以前塗装をしてから屋根裏に湿気を感じる、天井にシミが出てきたなどの症状があれば要注意

 屋根塗装の際、「縁切り」を行わなかったために屋根材がくっ付いてしまったことで水気が抜けず、この下で行き場の無くなった湿気の温床になっているケースの場合が多いです。

 この場合は皮スキなどでくっ付いた屋根材同士をはがし、タスペーサーをはめ込んですきまを確保して水気の抜け道を確保することをお勧めします。

 但し、この作業において塗膜を痛めることが多いので同時に塗装の必要性が生じるケースが多いです。

 

トタン屋根・瓦棒屋根

 鉄を主原料とし亜鉛との合金のトタンの敵はサビ。 メンテナンスしなければ15年前後の耐用年数ですが塗装を5~8年スタンスで行えば長持ちする素材です。

 サビが出る前に塗装をしたいですが、なかなかそのタイミングは逃しがち。

 サビが出始めたら早々に塗装を施してください。

 素人さんが行う場合、下地調整のケレン掛けやサビ止め材を省いてしまうことが多いですが、こうすると塗料の性能を十分に発揮出来ずに早く傷み始めるので、プロの職人さんに依頼することをお勧めします。

 

 この他にアルミニウムを主原料とするガルバリウムの場合、表面にフッ素コーティングしていればメンテナンス無しで30年。フッ素無しでも20年近くもちます。

 

 いずれの素材、症状にしてもなかなか自分の目では屋根はチェックしづらいのが現状です。そのため家主が登って直に見れないために、他の現場の傷んだ屋根の写真を見せて恐怖心をあおるような悪質な業社の話をよく耳にします。

 弊社ではこれまでの経験を生かし、風害・雪害・地震などの影響で傷んでいる場合は、火災保険、地震保険を利用して家主様の負担にならないようなメンテナンス方法をご提案致します。

 

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-983-589

国立オフィス :東京都国立市谷保3035-1-102

立川アネックス:東京都立川市幸町5-73-28

営業時間:09:00~19:00(土・日・祝祭日 OK)

東京都国立市を拠点に国分寺市・小金井市・府中市・立川市・日野市を中心に関東全域でご依頼を承っております。

国立市・立川市の
リフォーム会社
Can Planningへの
お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-983-589

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ニュース・定期お得情報

'17年 7月

チラシ広告「雨漏れ対策に屋根・室内の無料実施中!」

'17年 6月

チラシ広告「暑さ対策に屋根の遮熱塗料をサービス価格で!」

'17年 4月

チラシ広告「春の塗装シーズン 割引価格にて!」

'17年 3月

フリーコール№取得

'17年 1月

チラシ広告「冬の寒さ、窓の結露対策はお済みですか?」
 <内窓取付けやガラス交換による結露対策のアドバイス>

'16年12月

チラシ広告「この冬、残りわずかなお得情報!」
 <3年前の大雪害による屋根修繕に対する火災保険適用のアドバイス>

ごあいさつ

柏野 博史

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

外部リンク