想いをかたちに・・・
Can Planning

<合同会社 キャンプランニング>

国立オフィス :東京都国立市谷保3035-1-102
立川アネックス:東京都立川市幸町5-73-28

営業時間:09:00~19:00(土・日・祝祭日 OK)
<ワクワク住宅リフォーム・繁盛店舗デザイン>

無料相談実施中
お気軽にお問合せください

外壁塗装・修繕のタイミング

 

 外壁も屋根同様常に紫外線や酸性雨にさらされており、経年劣化に対して素材によって耐用年数、メンテナンス方法が異なります。 

 建物をあと何年もたせたいか、意匠上どうしたいかなども考えることが大切です。

 外壁は目線レベルで目立つ部分で、リフォームにおいても様々な素材があるので、色、素材など納得いくまで悩む価値があります。

 *立地条件などにより耐用年数は異なりますのでおおよその目安とお考えください。

モルタル壁

スタッコ
タイル吹き
リシン吹き
ジョリパット

 一言でモルタル壁といっても仕上げ方により様々な意匠があります。

 スタッコ、タイル吹き、リシン吹き、ジョリパット仕上げなどパターンだけでも多岐にわたりますが、新築時からの耐用年数は概ね10年~15年。

 しかし近年の建売住宅の場合、残念ながら工期優先で建てるために十分な乾燥が出来ていない湿気を含んだままの木材を隠蔽して(大壁)工事が進められるので、住み始めに少しヒヤっと湿気を感じることが多いのが現状です。

 そのために家を長持ちさせるために初塗りは壁の中の湿気が外に排出しきる5年目くらいに勧める大工さんもおり、理にかなったアドバイスだと感じます。

 メンテナンスのタイミングとしてまず分かりやすいのが<チョーキング現象>です。

 紫外線、酸性雨などで塗膜の劣化が進み、塗膜が損なわれていくと手で触ったり体が触れただけで白くなってしまいます。

 これは水を弾かなくなり、逆に吸い込み始めているサインです。放っておくとどんどん湿気が壁の中に入っていき、壁内の防水紙でカバーしきれなくなると木材を侵すことにつながります。

 長いこと放っておいた結果、壁の中を開けてみると柱や梁などが腐っていたケースを多く経験しています。

 <クラック>

 クラックには不十分な乾燥状態からおこるモルタルと塗膜間の収縮率の違いから生じる新築時のものと、経年の建物自体の揺れなどから生じるものと原因はいくつか考えられます。

 クラックの場所、長さ、深さ、縦方向か横方向かなどによって急務のメンテナンスが必要かどうかは信頼出来る専門の会社からアドバイスを受けるのがいいでしょう。

 <塗膜の膨らみ・剥離> 

 塗膜下地のモルタルにクラックなどが生じ、内側の空気や水分がたまって塗膜を押し始めた結果、下地から塗膜が剥離して膨らんでしまう状態です。

 原因をしっかり調査して対処しないと、補修をしてもまた同じ結果になるケースになることも多々ありますので、専門の会社から適切なアドバイスを受けるのがいいでしょう。

<チョーキング現象>
<クラック>
<塗膜の剥離>

サイディング

金属系
窯業系
<チョーキング現象>
<シール劣化.クギ周りクラック>

 サイディングは大きく分けて金属系(ガルバリウム鋼板など)と窯業系に分かれます。

 

<金属系>

 ガルバリウム鋼板でフッ素コーティングしてあれば耐用年数は概ね25年~30年。

 フッ素無しでも15年~20年前後メンテナンス無しで大丈夫ですが、塗膜が劣化した際には塗装が必要になります。

 

<窯業系> 

 窯業系はセメントを固めて表面にデザインパターンをプレスし製品の塗膜を作っているもので、耐用年数は概ね10年~15年。

 サイディングの劣化が進みモルタル同様、チョーキング現象が生じればメンテナンスのタイミングです。

 またジョイント部分のシールも10年前後で硬化し、すき間が目立ち始めたらメンテナンスのサインです。

 

 メンテナンス方法として、まだ紫外線の影響が少なく、デザインパターンがしっかりしていればクリア塗装で新しい塗膜を作り、パターンを残す方法をお勧めします。

 また、ジョイント部分のシールは打替え、窓周りや入隅などは打増す方法が一般的です。

 

 しかし、塗膜の劣化が進みすぎて白っぽくなってしまった場合は着色して塗膜をつくるしかありません。

 また、シールの隙間から雨水などの影響を受けてサイディングに反りが生じ、打ちつけているクギ周りにクラックが発生するケースもよく目にしますが、一旦反ったサイディングは戻りません。 

 せっかくのサイディングに劣化による反りを発生させないため、またキレイなデザインパターンを残すためにも劣化が進みすぎない前に、美観的にもクリア塗装でいけるうちにメンテナンスすることをお勧めします。 

<before>
<after> クリア塗装+シール打替え

 メンテナンスのサインを見つけたらまずはお気軽にお問合せください。

 弊社ではこの先の家の使い方や意匠性などを含めてお客さまの要望に沿ったワクワクする最適な提案をさせていただきます。

料金表 <一例>

基本料金表(30坪以内・足場、軒、破風板、雨戸、戸袋、雨樋等含む)
・・・サイディングのシールは別料金とさせていただきます・・・
アクリルシリコン:耐用年数10年前後 55~65万円(屋根別)
  70~80万円(屋根含)
フッ素:耐用年数15~20年 80~90万円(屋根別)
  95~105万円(屋根含)

 

上記はご注文の多い工事内容のほんの一例です。

他にも多くの塗料を取り扱っております。

また、破風板や雨戸などの部分塗装も承ります。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-983-589

国立オフィス :東京都国立市谷保3035-1-102

立川アネックス:東京都立川市幸町5-73-28

営業時間:09:00~19:00(土・日・祝祭日 OK)

東京都国立市を拠点に国分寺市・小金井市・府中市・立川市・日野市を中心に関東全域でご依頼を承っております。

国立市・立川市の
リフォーム会社
Can Planningへの
お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-983-589

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ニュース・定期お得情報

'17年 7月

チラシ広告「雨漏れ対策に屋根・室内の無料実施中!」

'17年 6月

チラシ広告「暑さ対策に屋根の遮熱塗料をサービス価格で!」

'17年 4月

チラシ広告「春の塗装シーズン 割引価格にて!」

'17年 3月

フリーコール№取得

'17年 1月

チラシ広告「冬の寒さ、窓の結露対策はお済みですか?」
 <内窓取付けやガラス交換による結露対策のアドバイス>

'16年12月

チラシ広告「この冬、残りわずかなお得情報!」
 <3年前の大雪害による屋根修繕に対する火災保険適用のアドバイス>

ごあいさつ

柏野 博史

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

外部リンク